1. HOME
  2. ブログ
  3. 二十四節気「冬至」〜冬至のゆず仕事〜

二十四節気「冬至」〜冬至のゆず仕事〜

冬至のゆず仕事

気ぜわしい師走のひととき……そして今日は冬至です。冬至といえば「入れば風邪をひかない」と昔からいわれてきたゆず湯でしょうか。 でもビタミンCやクエン酸たっぷりの柚子を、お風呂だけに使うのはモッタイナイ! 食卓にも取り入れて、この時期を元気に乗り切りましょう。

1分でつくれる簡単、無添加「柚子ぽん酢」

寒くなると、鍋ものなどに大活躍な「ぽん酢」。 美味しい柚子ポンつくりには、通常、鰹節、昆布、など、材料を揃えたり準備するのに、大仕事。でも「あたり」があれば、1分で簡単に、本格的な無添加ゆずぽんがつくれます。

20倍濃縮だから、1分でつくれる「ぽん酢」

「あたり」が、20倍濃縮だから、1分でつくることができます。 まぜるだけの「柚子ぽん酢」つくりは、他の濃縮度では実現不可能。

材料は「ゆず果汁」+「あたり」だけ

「ゆず果汁」と「あたり」を同量合わせるだけで、 塩分控えめな、香り豊かな食通好みの柚子ポンの出来上がり!

食通このみのシンプル「柚子ぽん酢」

柚子がないときは、ダイダイやカボスでもOK。

いま流行の「塩柚子ポン酢」

糖質を気にする方や、市販の柚子ポンは甘くて苦手という方には、今流行の塩ポン酢

甘いほうが好きだけど「無添加がいい」

市販の甘い味がお好きだけど、砂糖をつかったり、科学調味料はきになる方は

市販の高級柚子ポンにも、アミノ酸が・・

市販品は、高級品でもアミノ酸などの化学調味料や、砂糖、添加物が入っています。 濃縮だし「あたり」でつくれば、無添加でおいしい、自分好みの「ぽん酢」が簡単につくれます。

しぼった後の柚子皮は、正月料理に

プロの料理人は、ゆず皮をとても大切にします。
ゆずの丸いかたち保ったまま、白い部分が残らないように薄く削って冷凍しておくと、おせち料理にも大活躍!

お雑煮は「あたり」と柚子皮で香りゆたか

ゆず皮を吸い口に。
冷凍したゆずの皮は「吸い口」として重宝します。
元旦の朝に「あたり」でお雑煮を仕上げたあと、細切りにしたゆず皮を吸い口として添えれば、あっという間に一流料亭並みの味わいに!

ゆず皮と白い部分で「柚子ジャム」つくり

ゆず皮の白い部分には、毛細血管を丈夫にする成分が含まれています。皮とともに刻んでジャムにして、ホットなゆずドリンクにしても。

ゆずの種で、天然化粧水つくり

ゆずの種は捨てないで。美容や健康によいいろいろな薬効成分が含まれています。焼酎やホワイトリカーに漬けておけば天然化粧水ができ上がります!

なにも作りたくない時は、柚子風呂で

「ゆず湯」に浸かればお肌はつるつる。お風呂を出たあとの温まり効果も持続。肌の弱い方は、柚子は切らずに「丸ごと」入れて楽しみましょう。

冬至の簡単ゆず仕事・1分で「あたりポン酢」

冬至の夜の鍋料理には、
1分でできる「柚子ぽん酢」を添えて。
「あたり」と「ゆず果汁」を同量混ぜるだけ。
身体が芯からあたたまります。

 

オンラインショップ

 

オンラインショップ

二十四節気・冬至

北半球では、一年で最も日が短い日。日本ではゆず湯に入ったり、かぼちゃや小豆粥を食べたりする習慣があります。「冬至」の別名は「一陽来復(いちようらいふく)」。古来から「陰」が極まり「陽」が回復する―すなわち、冬が去り春が来る節目の日とされてきました。
西洋のクリスマスも、古代の冬至祭に関連しているそうですよ。
なお、二十四節気では、「冬至」から次の「小寒」までの約15日間が冬至の期間ですが、現在の暦ではその初日を「冬至」と呼んでいます。

年末年始のおしらせ

12/29(土)~1/3(木)は出荷業務およびお問合せ対応業務を休業とさせていただきます。
12/28(金)am10:59までのご注文完了分は年内に出荷いたします。
12/28(金)am11:00~1/4(金)am10:59までのご注文分は、1/4(金)より出荷いたします。

2018年7月のオンラインショップリニューアルオープン以来、お客様には茶酵素本舗をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。来る2019年も、変わらぬご愛顧をいただけますと幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事