1. HOME
  2. ブログ
  3. 水出し煎茶のすすめ

水出し煎茶のすすめ

こんにちは。茶酵素本舗です。

まぶしい太陽に日中汗ばむような日が増えてきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今回は、暑い季節にぴったりの「水出し煎茶」をご紹介いたします。
水出しの煎茶とは、水でじっくりと抽出した煎茶のことです。のどごしもすっきり。ポイントを押さえると、旨みもたっぷりで水出しだから得られる効能がたくさんあります。

■お茶の甘みを抽出できる水出し煎茶
煎茶の魅力は、茶葉のすっきりとした味わいと苦み、ほのかに感じられる甘みですよね。苦みの成分はみなさんもご存知の「カテキン」です。この「カテキン」は低い温度の水に抽出されにくい特徴があります。そして甘みの成分は「テアニン」。この成分は、高温よりも水出しの方が残りやすいのです。その為、水出しした煎茶は「テアニン」が多く抽出された、甘みを感じられるお茶ができます。ストレス緩和、集中力アップ、リラックス作用、睡眠の質改善などの効果もあり嬉しい成分ですよね。同様に、ビタミンCも多く抽出されます。美容効果の高いビタミンCは、身体に蓄積させることが出来ないのでこまめにとりたいもの。旨みたっぷりのお茶でキレイが目指せます。

■カフェインが少ない
美味しいお茶はついつい飲みすぎてしまうものですが、気になる成分の一つとして「カフェイン」があるのではないでしょうか。カフェインは、眠気を覚ます効果がありますが、多くとりすぎしまうのは気になりますよね。水出しの煎茶は、低い温度でじっくりと抽出するので、通常のお湯で入れた煎茶に比べてカフェインが出にくいのです。

■さらにおいしい氷出し煎茶
このようにうれしい効能と旨みたっぷりの「水出し煎茶」ですが、ポイントはじっくり時間をかけて抽出することです。少し時間はかかりますが、冷蔵庫で一晩寝かせて作るのがおすすめです。冷水ポット(700ml程度)に10~15gの茶葉を入れて、上から氷を入れます。一晩かけて氷が少しずつ溶けだし、ゆっくりと茶葉から旨みが出ていきます。氷が全部溶けたら、容器いっぱいになるように水を足せば完成です。緑色も涼しげな美味しい煎茶の出来上がりです。

水出しの煎茶は、お湯で入れた煎茶と全く味が異なります。熱い煎茶ももちろん美味しいですし、身体への効能もたくさんあるので、お好みや体調にあわせて異なる味わいを楽しむのもいいですよね。

水出し煎茶ぜひ一度お試しくださいませ。

農薬不使用京都のお茶はこちらからどうぞ

関連記事