亀清楼

亀清楼とは

「亀清楼」とは、江戸から戦前の東京の食文化に興味がある人ならだれでも知らぬ人はいない、安政年間から続く柳橋の老舗で、栄光に彩られた歴史があります。

 

 

料亭「亀清楼」は、安政元年(1854)の創業。

森鴎外の「青年」や、

永井荷風の「牡丹の客」

舟橋聖一の「花の生涯」等、

有名な文学作品の多くに登場しています。

 

 

東京六花街

「柳橋」といえば、江戸時から続く花街として有名で、

東京六花街(柳橋・芳町・新橋・赤坂・神楽坂・浅草)の最高峰です。

関連記事