Q&A


~「お茶」について~

◎お茶はどこで買えますか?

2016年10月27日よりオンラインストアでお買い求めいただけるようになりました。ぜひご利用くださいませ。
 ⇒詳しくはオンラインストアへ

◎お茶の賞味期限は?

製造から9か月です。少量ずつ生産し、できるだけ新しいものをお届けしています。

◎お茶の保存方法は?

開封前も冷暗所での保管をおすすめしています。一度開封した茶袋は、空気をしっかり抜き、冷暗所で密封保存してください。空気に触れる面積が大きいほど酸化がすすむのを防ぐためです。そして開封後はなるべくお早めにお飲みください。鮮度は味と香りに影響します。

◎お茶の淹れ方のコツは?

ホット:一般的には、煎茶は沸騰した湯を少し冷ました80~70℃前後のお湯で、ほうじ茶は沸かしたての熱湯で淹れるのが推奨されています。急須で淹れる場合は、旨みが含まれる最後の一滴まで注ぎきってください。温度により抽出される成分に変化があり、味わいも変わってくるので、好みの淹れ方を工夫するのもお茶の楽しみです。
コールド:水出しで飲む場合は、茶葉をネット等(ティーバッグはそのまま)に入れ、水とともに冷蔵庫で1~2時間(水の量によって異なる)でお飲みいただけます。

◎べにふうき茶の成分は?

メチル化カテキン、なかでもエピガロカテキン-3-0-(3-0-メチル)ガレートが製品100gあたり1420㎎含まれています。

~「だし」について~

◎だしはどこで買えますか?

発売に向け現在開発中です。発売日・取り扱い店舗についてはこちらのHP等でお知らせいたします。

~日本茶の発酵ドリンク「茶酵素」について~

◎「茶酵素」は紅茶キノコとどう違うのですか?

菌の種類、原料、製造工程が違います。独自に育てた日本育ちのオリジナル菌体を基に、紅茶ではなく、農薬不使用の日本茶と和ハーブを使用して二段階発酵させました。

◎二段階発酵とはなんですか?

第一段階として菌体に農薬不使用の日本茶を加え発酵させます。第二段階としてそこに自然栽培の和ハーブで作った発酵液を加え、さらに発酵させることを言います。

◎なぜ紅茶でなく、日本茶を使用しているのですか?

日本茶は1000年前から飲まれている日本人に合った食品だからです。また、農薬不使用のお茶を広めることによって、日本文化を継承し、生態系も含めた日本の農業やふるさとの原風景を守ることに繋がると考えたからです。

◎和ハーブとはなんですか?

日本に自生している野草や植物です。どくだみ、よもぎ、おおばこ、薄荷、菊芋、山椒、紫蘇、松葉、クマザサ、柿の葉など、四季折々の植物を使用した発酵エキスを使用しています。

◎日本山人参茶、月桃茶の原産地はどこですか?

日本山人参茶は福岡県、月桃茶は鹿児島の徳之島です。

◎茶酵素の色は何の色ですか?

お茶と和ハーブによる自然な色です。

◎瓶の中や底にオリ状のものが見られますが、これはなんですか?

発酵過程で生じる栄養成分です。優しく振り溶かして一緒にお飲みください。

◎製造期間(醸造期間)はどれくらいかかっているのですか?

信頼のおける醸造所にて、独自の製法で製造されています。発酵期間は約2か月。四季折々の植物を使用するため、季節により味や色味が微妙に異なります。

◎保存は常温でよいのでしょうか?

極端に暑いところ(日中の車の中など)でなければ、常温で保存して構いません。お召し上がりの前に冷蔵庫で冷やすと飲みやすくなるので、お勧めしています。

◎酸味がとても強いのですが?

フレッシュなものほど酸味が強い傾向があります。数か月経つと味わいがまろやかになり、液色も濃くなっていきますので、ぜひ味わいの変化をお楽しみください。

◎オススメの飲み方は?

一気に飲むのではなく、少量ずつ口に含むことで、より風味を感じることができます。基本はストレートを推奨しておりますが、炭酸水で割るとシャンパンのような感覚で爽やかにお召し上がりいただけます(茶酵素1:炭酸水1~2)。ぜひ様々なお料理と合わせてお楽しみください。

◎原材料に使用している砂糖は何を使っていますか?

上白糖を使用しておりますが、砂糖の成分は発酵の段階で分解されていきます。甘味を付けるためではなく発酵を促す目的で使用しています。

◎飲むタイミングはいつですか?

特に指定はございません。個人の生活ペースに合わせて飲んでください。

◎他の酵素ドリンク、健康食品と合わせて飲んでも大丈夫ですか?

医薬品ではないため、問題ありません。

onlinestore-banner-2.001

Page Top

page