3分でできる本格だしの簡単お味噌汁~あたり我が家の使い方~

こんにちは。茶酵素本舗です。

液体濃縮だしってどのように使うの?顆粒だしやだしパックと何が違うの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。
今回は、あたり濃縮料理だしを実際に家庭で使用した感想をご紹介します。

私は、会社員の夫と2歳の子供の3人暮らしです。
成長期の子供と外で頑張る夫に、元気の出る手料理をしっかり作りたいと日々試行錯誤しています。

子供が生まれてから、添加物のなるべく入っていないものと思い、顆粒だしを控えました。顆粒だしは、保存も長く、手軽でとても便利な反面、砂糖や塩分、化学調味料やうまみ調味料がメインで本来のだしの原料は1割程度というものもあります。自分でだしをとることもありますが、どうしても時間や手間がかかります。そこで、だしパックを使うことにしました。これは、1パックで2人前のだしがとれ、鍋で5分程度煮出せばおいしいだしが取れるというもの。出来上がっただしもとても風味豊かで気に入っていましたが、一つ問題が。それは、細かい分量の調整ができないということです。我が家は3人家族。2パック使って4人前のお味噌汁を作ろうか、1パックで少し薄めのだしを使って3人前の味噌汁を作ろうか。よいものを選んだのに、薄めてしまったらもったいないし、お味噌汁は出来立てが一番美味しいもの。多く作っても無駄になるだけです。また、だしをとった後のだしがらを有効利用しきれず捨ててしまいもったいないと感じることもありました。

■1人前から簡単に美味しいお味噌汁
あたり液体濃縮だしは、使う分量で希釈できるので、1人前から必要な量をベストな状態で使用することができること。そして、だしがら等のごみが出ないことはとても便利だと思います。夕食は外で済ませてくると夫に聞いていた夜「何か食べるものあるかな?」なんて急な連絡にも慌てずに対応できます。

1人前のお湯を沸かし、その中にあたり液体濃縮だしを入れて火を止めます。お味噌をといて刻みネギを加えたらお椀へ。食べる直前にあおさを入れます。約3分でとても本格的なお味噌汁が出来ました。あとは、おにぎりと梅干しがあればばっちりです。夫も、じんわり香るだしの香りとあおさの風味をとても気に入ってくれました。

袋にキャベツをちぎってあたりだしを入れ軽く揉めば、即製の浅漬けができお酒のつまみにもなります。これなら包丁も使わずに調理できます。だし巻き卵も溶き卵にさっとあたりを入れるだけで格段に美味しくなりました。

濃度の調整ができるのは液体濃縮だしだからこそですね。人数や献立に合わせて手軽に調整することができます。

■化学調味料、保存料、添加物、すべて不使用
毎日、口にするものは、なるべく安心なもののほうがいいですよね。
私は、自分が「納得できるもの」を基準に食材を選んでいます。限られた時間の中で食事の用意をするので、無駄がなく簡単に本格的なだしがとれるのは、大きなメリットです。

あたり液体濃縮だしは、食材本来の味を引き出してくれるようなすっきりとした味わいでどんな料理にもとても相性がいいと思いました。
これからも我が家の食卓に取り入れていきたいと思います。

あたり濃縮料理だしのご案内はこちらから

Page Top

single