伯龍飲み比べ

左が水出し、右がお湯出し。

お湯の温度でお茶の味は変化します。
※80度以上で入れるとカフェイン(苦味)とカテキン(渋み)が出ると言われています。

一般的には玉露は低い温度で、と言われていますが煎茶も熱湯ではなく60~70度で淹れて飲むことをオススメします。

特に農薬不使用の伯龍はその味の違いに驚きます。

Page Top

single