image-thumbnail

揚げと小松菜の煮物


12age_W300

小松菜は、東京 小松川辺りで出来た畑野菜の一つで、煮物の合わせ野菜として、これほどまでに味を立たせてくれる物はない。
煮物の立役者「小松菜」。
小松菜に惚れ込んだ油揚げが和だし「あたり」の介添えで美味しい江戸の小椀を奏でます。
和だし「あたり」にみりん、酒、醤油を合わせて、そこに小松菜と、油を落とした揚げを入れて煮立す。
ここにも和食の真髄が見える。

料理 九見 竜(きわみりゅう)

Page Top

single-menu